2011年08月04日

風水

風水は、古代中国の、都市や建物や墓などの位置の吉凶禍福を決定するために用いられてきた、
「気」の流れを物の位置で制御するという思想です。

つまり、「気」の流れを用いることで、運気を上げようというものです。
家の向きや位置、また、部屋のインテリアなどで気の善し悪しを判断して、
悪いものは改善して、運気を上げるのです。

古代中国の風水師と呼ばれる人は、「気」を操ることができるので、
その「気」を使って、都市をどの場所に造ればいいかなどの助言を行っていました。
一流のすごい風水師はそれだけでなく、人物に関しても占うことができたといいます。

その風水の考え方は決して非科学的ではないと、私は思います。
実際、古代中国で栄えた皇帝は、この「気」の流れに従い、
国を大きくしてきたということは、歴史書などでもわかることです。

テレビで朝の占いなどで、
「何月生まれの人の今日のラッキーカラーは赤」
などと言っているのを見ることがあるかもしれませんが、
あれも、全くでたらめを言っているわけではなく、
たぶん、風水から考えた○月生まれの人に対しての色情報なんですね。

一個人の詳しいものが知りたい場合、
風水学を熟知した占い師に、個人的に鑑定してもらうしかありません。

それでも、例えば部屋の南側に何を置けばいいとか、
そういう簡単なことでも少なからず運気が上がるということもあるので、
運気が上がる置物ということを、考えたいと思っている私です。

幸運の置物・開運宝玉龍




幸運の置物・開運宝玉龍








posted by みやすひめ at 21:42| パワーグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする