2015年11月25日

ラピスラズリ スカラベ ペンダント

最古のパワーストーンと言われている「ラピスラズリ」
霊力が強く、災いを消し去ってくれるということで、古代からお守りとして使われてきました。
エジプトのツタンカーメンの仮面にも使用されていました。

ラピスラズリは地面の属性を持つと言われています。
第6チャクラ(額)、第7チャクラ(頭部)を活性化させてくれます。
持つことの効能として、人間同士のトラブルやコミュニケーション改善、
頭脳を明晰にしてくれる、強運に導くなどなど。
そのラピスラズリに、太陽神ケプリの化身スカラベを彫刻したペンダントです。

スカラベ は古代エジプト語で黄金虫のことです。
日本ではフンコロガシと言われています。
スカベラは、動物の糞を丸めてそれを食料としていて、丸めた糞を転がして巣穴まで運びます。
その様子を古代エジプト人は「太陽が天体運行している」と考え、
太陽神ケプリの化身であるとしたのです。
毎日太陽が昇り沈む・・・これが「死と再生」の象徴として考えられていて、
死者の再生を願う意味で、お墓にはスカベラのお守りを一緒に埋めたそうです。



浄化するときは、月光浴の他、水晶クラスターでの浄化、ホワイトセージの煙で浄化がおすすめです。





☆「ラピスラズリ スカラベ ペンダント」の詳細を知りたい方は、
 以下の画像をクイックして商品ページをご覧ください。
posted by みやすひめ at 13:19| パワーグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする