2016年02月01日

「五爪金龍玉璽(ごそうきんりゅうぎょくじ)」祈祷・祈願済のお札付!

決して印を押してはならぬ!
その誓いを守れる者だけが所持できる歴代王だけの玉印!

正直、初めてこれを見たときは、「え?何それ?」と思いました。
いったい、どんなものなのか?すぐに理解できませんでした。
ただ、すごいものだということだけ、身体で感じたというか・・・
ゾワゾワしました。

とにかく、この印の存在そのものがすごすぎるらしいのです。

だから、「決して印を押してはならぬ!」というのは、
すぐに使うと卒倒してしまうくらいの威力があるらしく、
手にしてから2週間くらいはならし期間?として見ておく必要があるという意味です。

約2週間は、鮑(パオ)氏が金龍を押した印紙をお部屋に飾っておきます。
鮑(パオ)氏に関しては、以前「護符」と一緒にこのブログでもご紹介しましたので、
こちらも参考にしてください。
http://spiritual-r.seesaa.net/article/422124494.html

今回鮑(パオ)氏が押した印紙も、護符と同じ働きが発揮され、
しかも、半永久に効果が出るものです。
(できれば、額に入れて保存してください)
2週間、まずはこの超越エネルギーに慣れていきます。

そのあと、この印を使っていくわけですが、
先にも書きましたが、この印の存在そのものが強烈です。
それが、印を押すことでさらに、さらに変化するのです!!
本や通帳、子どもの教科書にそれとなく押す・・・
あるいは、印を押した紙を部屋に置いておく・・・
それだけで、すごいエネルギーを発するのです。




印材は、「寿山石」です。
色は淡い黄や濃厚な黄色のものもあります。
感触は、しっとりとしていて気品のある雰囲気。
まさに、王者の風格を感じます。
近年では偽物も多く出回っているようですが、
この製品は紛れもない本物の天然石使用です。




光明印泥は落款印で、石印用の本格朱肉です。


使い方は、特に限定はありませんが、
2週間後に、好みの場所に1箇所(同一場所)のみ捺印してください。
たとえば、本や書類などの紙の場合は表か裏の1箇所。
銀行通帳やカード類の場合、輪ゴムなどでひとまとめにして、
上部に無地の紙に印を押したものを置いてください。
(この印にヒモやゴムがかからないように)
同一場所に1箇所は必ず守ってください。

他に、無地の紙に印を押し、透明な袋に入れて、
布団や枕の下に忍ばせることで、多くの神々の御前で眠ることができます。
良運がたくさん、ひっきりなしに舞い込むことでしょう。




道教奥義・秘伝の術「避凶化吉」が盛りだくさん。
祈祷・祈願済のお札付!


☆「五爪金龍玉璽」の詳細を知りたい方は、
 以下の画像をクイックして商品ページをご覧ください。
posted by みやすひめ at 15:03| パワーグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする